2017.09.20

ハリルに推薦。長谷部のサブは
「周りが輝く」柏の大谷秀和がぴったり

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 窪田亮●撮影 photo by Kubota Ryo

 中盤の選手としての信条を語る大谷は、ボランチ、インサイドハーフ、そしてアンカーと高いレベルで仕事ができる。実は中盤だけなく、サイドバック、センターバック、トップ下、サイドアタッカーなど、GK以外のポジションでプレーしてきた。

 それは、奇しくも長谷部と同じユーティリティー性で、あらゆるポジションの仕事を理解するインテリジェンスを持っている証左(しょうさ)だろう。味方の気持ちを読み取り、チームを回せる。すべての楽器をこなし、音を司(つかさど)る"オーケストラの指揮者"のようなものだ。

 32歳で代表経験がないことは、デメリットだろう。代表の舞台は異なる重圧がのしかかる。しかし、大谷は主将として、AFCチャンピオンズリーグやクラブW杯など国際大会は経験しており、十分に適応できるはずだ。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、代表予備登録メンバーに大谷の名前を就任当初から入れている――。


■(2>)小野伸二を超える衝撃。鹿島の「和製クライフ」安部裕葵は代表でイケる

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事