2017.09.11

スペインの知将がサウジ戦を叱る。
「日本は中盤の距離感が悪すぎた」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

ミケル・エチャリのオーストラリア戦レポートはこちら>>

サウジアラビア戦で長谷部誠に代わりアンカーを務めた山口蛍「長谷部の"不在の在"が際立った」

 ミケル・エチャリはそう言って、試合を評している。"不在の在"、すなわち、あって当然だったものが、ないとどうなるか。ロシアW杯アジア最終予選、最終戦のサウジアラビア戦。エチャリはその本質を見抜いた。

「長谷部がいないことで、日本は攻守のバランスを決定的に欠いていた。長谷部は中盤でどのポジションを取るかによって、チーム全体を効率的に動かせる。サウジ戦、もし長谷部がいたらビルドアップのポジション取りからして違ったはずだ」

 そう語るエチャリはスペインの古豪、レアル・ソシエダを20年間にわたって支えてきた。その鋭いスカウティングで、ジョゼップ・グアルディオラに戦略担当として請われたこともある。現在はバスク代表監督として世界各国で講演を行なうなど、多くのサッカー関係者に影響を与えている。

"スペインの慧眼(けいがん)"は、0-1で日本が敗れたサウジ戦をどう総括したのか?

「サウジは4-2-3-1を基本にしながらも、かなり流動的に選手がポジションを替え、4-1-4-1、2-3-2-3、4-4-2になる瞬間もあった。オランダ人監督(ベルト・ファン・マルワイク)の戦術的なバリエーションの多さとこだわりが見えた。