2017.08.17

戦う姿勢が見えないU-18日本代表。
U-20W杯の連続出場が危うい

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

 ユース年代の国際大会として毎年恒例となっているSBSカップ(8月10日~13日)が、今年も静岡県内各地で行なわれ、U-18チリ代表が3戦全勝で優勝を果たした。

 このところ、コパ・アメリカ(南米選手権)の2連覇や、コンフェデレーションズカップ準優勝など、A代表が世界的強豪のひとつに数えられるまでになったチリだが、そのベースはこうした育成年代の強化にあるのだと実感させられる、大会制覇となった。

 さて、翻(ひるがえ)ってU-18日本代表はというと、こちらは1勝2敗の3位に終わった。

 最終戦でU-18チェコ代表に2-1と勝利し、最下位こそ免れたものの、初戦ではU-18チリ代表に1-2、第2戦では静岡ユース(静岡県選抜)に0-1と連敗。2年後のU-20W杯出場を目指すチームとしては、不安が募る結果となった。

 1勝2敗という結果もさることながら、それ以上に気になったのは試合内容だ。18歳以下の精鋭たちが集められているといっても、まだまだチームとしての体(てい)をなしていない。それが、今大会でのU-18日本代表を見た、率直な印象である。

 過去の成績を見ればわかるように、この大会でU-18日本代表が3位や4位(最下位)に終わることは決して珍しくない。地元開催で、非常に高いモチベーションでこの大会に挑んでくる静岡ユースに敗れることも、(是非はともかく)驚きには値しない。

 しかし、数字上の結果はともかく、これほどU-18日本代表が内容的に乏しかったことは珍しい。