2017.06.11

鮫島、中島でエース封じ。
なでしこがオランダに3カ月前のリベンジ

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 その攻撃パターンのカギを握りそうなのが中島だ。アルガルベカップでは、自分自身のプレーに自信を失いかけていた。自由に動く若い選手たちに、のまれていたところもあった。しかし、今の中島は完全に吹っ切れている。何よりの変化はそのプレー範囲。アップダウンだけでなく、最前線の中央、時には逆サイドにも顔をのぞかせるようになった。後半には中寄りにポジションを取り、別のアプローチを試みるなど、中堅らしい厚みも見せた。中島から新たな形が生まれる日もそう遠くはないだろう。

 一方で、若い力も負けてはいない。右サイドバックに抜擢された大矢歩(愛媛FC)は開始早々に右サイドを駆け上がり、阪口からボールを引き出すと、その2分後には、逆サイド奥へ得意のロングフィード。そのボールは中島の足元にピタリとおさまった。後半の攻め込まれる時間帯では、シュートブロックでピンチを救うなど、守備でも貢献していた。

 すでに対戦した相手であるため、改善策が立てやすかったこともあるが、守備に練習量が割けないなかでも、「(相手の動きを)読めずにやられるということはなかった」(高倉監督)というレベルに修正できたことはひとつの収穫。選手間で有効なコミュニケーションが成されていることも証明している。