2016.09.21

「本田と香川の連係はまあまあだ」
スペインの知将がハリルJに意外な評価

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato

「自陣での不用意なパスミスで、相手に渡すシーンがあった。チーム全体に"勝った"という過信が生まれていた。いい試合だったが、ナイーブさも見えた。

 守りに関しては、ボールを失ってからの守備はUAE戦と比較してだいぶ改善されていた。前の選手はボールロストに素早く反応、ハイプレスをかけていたし、バックラインの選手は帰陣してスペースをケアできていたと思う。相互に連動し、ほとんどカウンターを許さなかった。各ラインの間隔もよく、チャレンジ&カバーができていた。

 攻撃のバランスも悪くなかった。前線の選手がいい距離感を保ち、好タイミングでプレスをかけ、波状攻撃が可能になっていた。ポジション的優位性を高めていたのは原口だろう。左サイドで起点になっていた。日本では批判に晒されたそうだが、本田、香川の連係もまあまあだった。浅野もサイドに流れ、動きを出していた。ただ、技術的には"不規則"で、それが神経質になっていたからなのか、技量不足なのかは少し観察する必要がある」

 エチャリはスカウティングをありのままに記している。そして最後にこう締めくくった。

「後味を悪くするのは本意ではないが、一つだけ警鐘を鳴らしたい。敵陣でボールホルダーの前に7~8人も味方選手がいる状況は、極めて危険である。UAE戦リポートでも指摘した点で、改善はされていたが、後半になると"悪い癖"が出た。これはザッケローニ時代もあったこと。強豪はどこかで強度の高い守備をかけ、その危うさを必ず狙ってくる。"相手が弱いから"と甘えていると、世界で痛い目に遭うことになるだろう」

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事