2016.08.10

サッカー五輪運命のスウェーデン戦。
「先制」にこだわれ!

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by JMPA

 日本はコロンビアとの第2戦で2点のビハインドから追いつき、勝ち点1をもぎ取ったことで辛うじて決勝トーナメント進出の可能性を残し、スウェーデンとのグループステージ最終戦を迎える。もっとも、日本は現在勝ち点1で、グループ3位タイ。たとえスウェーデンを下しても、コロンビアがナイジェリアに勝ってしまえば、日本の敗退が決まってしまう。

スウェーデンに勝つためには大島僚太の展開力も大きな武器となる だが、そんな状況にあってもチームに悲壮感はない。元来ポジティブな手倉森誠監督が、「他力本願だけど、可能性を残したことで何かしでかしそうな雰囲気がある。”ドラマチックジャパン”がいよいよ勝つときが来た」と語れば、「アジア予選も勝てないと言われてきた中でアジアを制した。僕らはずっと逆境を跳ね返してきた」とMF遠藤航も前を向く。

 コロンビア戦ではミスから2点を先行されてしまったが、積極的なプレッシングでボールを奪いにいった前半、しっかりとボールを回して攻撃を組み立ててコロンビアゴールを2度こじ開けた後半、いずれ狙いどおりの内容だったことが自信につながっている。

 コロンビア戦後の会見で指揮官が、「オウンゴールがなければひっくり返したゲームだったと思います」と語ったことが取り沙汰されているが、これはオウンゴールを献上してしまったDF藤春廣輝のせいにしたわけではなく、「1点のビハインドならひっくり返せる自信があった」という意味合いだ。