「渦」をつくった小林、香川、清武の2列目が、ハリルJ完勝の要因

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 柏木は「(自分が左利きのため)右サイドは見えているけど、左サイドも見えるような体の向きを取らないといけない。もっと両サイドを生かしてあげたい」と不満を口にしながらも、「ああいうの(一発で相手の背後を突くパス)は狙っていきたい」と語る。

 ブラジルW杯での惨敗が影響してか、最近はボールポゼッションに対する否定的な見方も少なくない。つまり、パスをつなぐだけでは点は取れない、ということだ。

 だが、シンプルにゴールへ向かうロングボールもまじえることで、これだけ攻撃の幅は広がり、ポゼッションの威力も増す。決してポゼッション自体が悪いわけではないことを、この試合の日本代表は証明している。

 やや緩慢な対応から喫した2失点は気になるところではあるが、この日、日本代表が見せた試合は、久しぶりに「痛快な」と形容していい内容だった。キャプテンの長谷部もいくつかの反省点を挙げたうえで、こう語る。

「ポジティブ、ネガティブ、両方の部分があったが、総合的に見て素晴らしいゲームだったと言っていいと思う」

 キャプテンの言葉は、そのとおりだったと思う。

●サッカー日本代表記事一覧>

4 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る