2016.03.25

アフガニスタン戦大勝も「上機嫌で自画自賛」の指揮官に募る不安

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 上機嫌とはこのことだ。

「美しい勝利。こちらが要求したアグレッシブさを前面に出して勇敢に戦った。ファンの方々もブラボー! と言っていただけることを期待します」

 試合後の会見場に現れたハリルホジッチは、のっけから、いつも以上のハイテンションで自画自賛。自分と選手を褒めまくった。

 同様に、その前に現れたアフガニスタン代表監督、ペタル・セグルト氏も、日本代表を大絶賛。大敗を当然なこととして認めてもらうための常套手段とはいえ、たて続けに日本のサッカーを肯定する台詞を聞かされると、試合のイメージが曖昧だった人は、そういうものかと、そちらの方になびきがち。スコアは5−0。昨年行なわれたアウェー戦のスコア(6−0)に比べると、得点こそ1点少ないが、これはこれで悪くない結果と判断しても不思議はない。

アフガニスタン戦で試合を決める先制ゴールをあげた岡崎慎司 前半、日本の内容はサッパリだったが、終了間際、岡崎慎司が先制ゴールをマークすると、大苦戦との印象は一変した。プレミアで首位を行くレスターで、ほぼスタメンを飾る岡崎は、いまや日本サッカー界期待の星。香川真司、本田圭佑の上をゆくその彼が、数年前には考えられなかったようなステップとターンでゴールを奪う姿は、何かを忘れさせるには十分なインパクトがあった。