2014.06.27

長谷部誠が吐露した敗因「コンフェデの経験を生かせなかった」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

長谷部誠が検証する
ザックジャパンのW杯(4)

 グループリーグ突破をかけた第3戦のコロンビア戦で、日本代表は1-4と大敗。グループ最下位に沈み、ブラジルW杯を終えた。主将としてチームをまとめてきた長谷部誠は、厳しい表情でこう語った。

「残念というか、悔しいですね。自分はこのチームのキャプテンとしてやってきたので、結果を残せなかったことについて、責任を強く感じています」

長谷部誠は自信を持って、コロンビア戦に挑んだが......。 コロンビア戦の前日、長谷部は「(日本は)勝つしかないので、気持ち的にはすっきりして挑めます」と、逆境にあっても自分たちの力を信じて、力強いコメントを残していた。

 その言葉どおり、日本はコロンビア戦で積極的な姿勢を見せた。序盤こそ、8人ものメンバーを代えた相手の出方をうかがっていたが、前半10分にFW大久保嘉人のタテパスからチャンスを作ったのをきっかけにして、日本本来の前への勢いを取り戻した。

 前半17分、PKでコロンビアに先制点を許しても、怯むことはなかった。果敢に攻め続けて、その姿勢が前半ロスタイムのFW岡崎慎司の同点ゴールに結びついた。

「前半は、最後に追いついて、いい形だった。(控え室では)後半も、前半のような戦い方をしよう、という話をしていました」