2014.06.21

他国の選手にあって日本代表にないもの。ギリシャ戦全選手採点

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by JMPA

 勝ち負けの話をする前に、試合内容、レベル、面白さについて述べなければならない。あまりにも低級、酷かったからだ。今大会はどの試合も非常に面白い。見応えのある好勝負が連続している中でこの試合を見せられると、かなりガックリさせられる。世界の人に見られているかと思うと、気恥ずかしさ、申し訳なささえ覚える。

ギリシャ戦で決定機をつくることができなかった本田圭佑 前半38分、カツラニスの赤紙退場で10人になったギリシャには、満足な戦いができない理由があった。上級なプレイを求めにくい状況にあった。言い訳できない立場にあるのは日本だ。日本は第1戦のコートジボワール戦でも低級な試合を見せていた。当該国以外の第三者を満足させることができない内容の試合を、立て続けに披露してしまったわけだ。罪は重いと言わざるを得ない。

 大会前、ギリシャをC組最弱のチームと予想する日本人は多かった。コートジボワールに敗れても、次こそは「いただき」と楽観的になっている人は多かった。にもかかわらず、低級な内容で引き分けてしまった。前半38分以降、10人に減ってしまったチームに。

 ナタルのスタジアムまではるばるやってきた日本人は、試合後、引き上げてくる選手に「ニッポン!ニッポン!」と、拍手と歓声を送っていた。満足感に満ち溢れた風景だった。終盤、ギリシャの選手が痛くもないのにピッチでのたうち回っているシーンを目の前で見ても、いつものように「オーニーッポン♪」と、お馴染みの応援歌をお馴染みの調子で歌っていた。ギリシャへのブーイングは聞こえてこなかった。