2014.06.18

長谷部誠が逆襲宣言。「全員が『いける』と信じている」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • photo by JMPA

長谷部誠が検証する
ザックジャパンのW杯(2)

 ブラジルW杯初戦のコートジボワール戦を1-2で落とした日本代表。ミックスゾーンに出てきた主将・長谷部誠の表情は、敗戦の悲しみというよりも、自分たちに対する怒りがこみ上げているように見えた。そして、その怒りを面(おもて)に出さないように我慢しながら、語気を強めてこう言った。

「負けた事実はもちろん悔しいですけど、自分たちのサッカーが表現できなかったことが、いちばん悔しいです」

コートジボワールの中心選手ヤヤ・トゥーレ(右)と競り合う長谷部誠(左)。 試合展開は理想的に見えた。前半16分、本田圭佑が先制ゴールを奪った。圧倒的に有利な立場に立った日本だったが、そこからいつもの”日本らしさ”を失ってしまった。

「先制点を取るまではよかったんですけど、そこから引いてしまったというか、守りに入ってしまった。早い時間に先制点を取ったので『失点したくない』という気持ちが、チーム内に出てしまった。でも、このチームは、1点を守り切るサッカーをしてきていないし、そういうチームづくりをしてきたわけじゃない。それに、リードしていても、守備的な選手を入れる、ということもやってきていない。僕とヤットさん(遠藤保仁)が代わったのも、本来の攻撃的なサッカーをやる、という意図で投入されているわけだし、そういう意味では自分たちのサッカーをやることにブレてはいないけど、その自分たちのサッカーができなかった、ということです」