2014.05.17

【なでしこ】アジア杯、なでしこらしいサッカーでベトナムに快勝

  • 早草紀子●文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 女子アジアカップ第2戦で日本は開催国・ベトナムと対戦し、4-0で圧勝。得失点差でグループAの首位に立った。

代表初ゴールを決めた木龍七瀬。ここから日本の勢いがついた 体を張った粘り強い守備――大量失点を免れようと、ほぼ5バックという形をとらざるを得なかったベトナム陣は、両者が集結して大渋滞を引き起こした。

 そのためスペースがなく、日本が攻め込んでも攻め込んでも、誰かに当たってしまう。左右に揺さぶり、緩急をつけた攻めで相手の集中力と、スタミナを散らすために前半の45分は費やされた。が、ベトナム戦はいつもこういった展開になる。すべて織り込み済みだった。

 立ち上がりから気をはいたのは左サイドバックに入った上尾野辺めぐみ。積極的にオーバーラップを繰り返し、中へ配球する。しかし、とにかく人が多い。いつも以上にパスコントロールの精度が求められたが、なかなか思うようにつながらない。このまま終わるかと思われた44分、宮間あやの左コーナーキックを上尾野辺がつないで相手を引き付けると、最後は「(ボールが)来るかもと構えていた。思い切り蹴ったら入った(笑)」という川澄奈穂美が豪快に決めた。

 日本の猛攻をしのいでいたベトナムは後半に入ると、足が止まり出す。それを待っていたかのように日本が波状攻撃をしかける。65分にはMF木龍七瀬がこぼれ球をヘッドで決めて追加点を挙げると、その4分後には、宮間からの鋭い縦パスに今大会初スタメンとなった澤穂希が反応し、川澄につなぐ。そこからのクロスにFW大儀見優季が頭で合わせて3点目となるゴール。日本らしいつなぎで完全に崩した。