2013.10.24

ドーハを去る夜、うじきつよしがラモスに熱唱した「替え歌」

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya
  • photo by AFLO

悲劇の舞台裏で起きた
知られざる「真実」――うじきつよし編

1993年、日本代表は初のW杯出場が期待されていた。そのため、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など、あらゆるメディアが注目し、アメリカW杯アジア最終予選の開催地、カタール・ドーハに取材陣を派遣した。そのテレビ関係者の中に、当時サッカー情報番組のMCを担当していたうじきつよしがいた。オフトジャパンの選手、スタッフとも親密な関係にあった彼もまた、「ドーハの悲劇」に深く関わり、人生を大きく変えられたひとりだった。

あと一歩でW杯出場を逃し、ピッチでがっくりとうなだれていたラモス瑠偉。
ずっと見送ってくれていた
ラモスの姿が忘れられない

 かつて、『Jリーグ A GOGO!!』(テレビ朝日系列/1993年4月~1996年9月)というサッカー情報番組があった。MCを務めていたのは、1980年代に『子供ばんど』のボーカル&ギタリストとして一世を風靡した、ミュージシャンのうじきつよしだった。

 うじきは、サッカーについて詳しくはなかったが、番組を通して選手や解説者、サポーターらとの交流を深め、徐々にサッカーにのめり込んでいった。Jリーグや日本代表の試合など、現場に足を運ぶ機会も増え、1993年10月、アメリカW杯アジア最終予選の現地取材(カタール・ドーハ)に行ったのは、自然な流れだった。

「(1993年4月に始まった)W杯アジア1次予選で日本代表がすごく強くて、素晴らしい戦いを見せてくれて、そのあとにJリーグが開幕して、サッカー熱が一気に高まっていった。自分もその波に乗せられたっていうか、代表の勢いに引きつけられて(ドーハに)なだれ込んじゃった感じだよね(笑)。テレビ局はすべて来ていたし、本当にみんなが注目して、期待していた。

 だから、試合が始まる前までは、当然(W杯には)行ける気になっていましたよ。W杯は番組(『Jリーグ A GOGO!!』)でも取り上げるだろうから、『(1994年W杯開催地の)アメリカにはどうやって行こうか』なんて、計画を立てたりしていた。それに、あのときの選手たちはみんな、強気だったじゃないですか。『W杯には絶対行ける!』みたいなことを口にして。もちろん選手も僕らも、楽な戦いだとは思っていなかったけれども、現場にいたみんなが(W杯に)行ける気になっていたんじゃないかな」

 だが、うじきはドーハで日本が躍動するシーンを見ることはできなかった。初戦のサウジアラビア戦(0-0)、2戦目のイラン戦(1-2)を観戦したあと、日本で『Jリーグ A GOGO!!』に出演するため、帰国しなければならなかったのだ。