2013.09.27

ナイジェリアに連勝。2013年最終戦で示したなでしこの方向性

  • 早草紀子●文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

初召集の上野紗希が、なでしこらしいプレイを随所に見せた 長崎で行なわれた国際親善試合の第1戦から中3日。ナイジェリアとの連戦2戦目であり、2013年なでしこジャパンの最後の一戦が26日、フクダ電子アリーナ(千葉県)で行なわれた。

 先に勝利を収めた"長崎組"から引き続きメンバーに入ったのはキャプテンの宮間あや、大儀見優季、川澄奈穂美の3名のみ。"千葉組"はこの短い調整期間でどう戦うのか注目された。

 立ち上がりから圧倒的にボールを支配する日本。ナイジェリアは初戦同様にマンツーマンを敷くが、それを見越した日本がかいくぐる。ナイジェリアのコンディションも上がってきているようにも見えたが、脅威とまではならなかった。

 21分、大儀見の突破にナイジェリアDF陣は3人で囲い込み、たまらずファウル。PKを得た日本は、宮間がこれをしっかりと沈めてあっけなく先制。その7分後にはセットプレイから追加点を奪う。宮間のFKにフリーの阪口夢穂が頭で合わせたものだった。

 後半に入ると、修正をかけてきたナイジェリアの寄せとスピード攻撃に苦しめられるも、決定的な危機にまで陥ることはなく、2013年最後の試合を2-0の勝利で締めくくった。

 左サイドバックには初招集の18歳・上野紗稀が大抜擢された。今年2月の合宿には練習生として参加した上野。小柄揃いのなでしこジャパンの中でも、154cmと最も小さい。しかし、そのプレイは力強く、小気味いいリズムのドリブルに、鋭い切り返しも魅力だ。

 ナイジェリアを相手にスタミナ面も懸念されたが、この日は試合開始時点で気温が20℃を下回っていたことと、初スタメンの高揚もあってか、85分まで止まることなくピッチを走り続けた。「あやさん(宮間)やみずほさん(阪口)が前を向いてボールを持ったら、絶対に裏に出てくるから信じて走った」(上野)と、なでしこのサイドバックの必須アイテムであるオーバーラップも度々披露。後半10分には、スピードに乗って駆けあがった左サイドから勢いよくクロスを上げた。木龍七瀬が合わせるが、これは惜しくもオフサイドの判定。しかし、佐々木則夫監督が目指す、まさに"なでしこ的"なプレイだった。