2013.06.16

チームは下降基調。惨敗したザックジャパンに必要な次の一手

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 加えて、主力選手のコンディションが落ちているのは気になるところだ。酷暑のドーハでワールドカップ最終予選のイラク戦をこなし、長距離移動後に中3日で試合という強行日程が響いたのか、日本選手は運動量が少なく、なかなかパスコースが作れない。後半に入ると動きはさらに落ち、攻撃への推進力を完全に失っていた。

 こうなると、コンフェデ後と言わず、次のイタリア戦からでも大胆にメンバーを入れ替えてもいいのではないだろうか。

 まして選手たちには少なからず完敗のショックがあるだろう。気持ちを切り替えられずに試合に臨めば、コンフェデ全体を通して惨敗という結末が待ち受けている。

 手を打つなら早いほうがいい。

関連記事