2013.06.16

チームは下降基調。惨敗したザックジャパンに必要な次の一手

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 開催国ブラジルの前に手も足も出ず、完膚なきまでに叩きのめされた。

「レベルが違った。もう悔しいっていう気持ちを通り越している」

 長友佑都がそう話すのも無理はなかった。それほどまでの完敗だった。

初戦、ブラジルに惨敗した日本。次のイタリア戦で立て直せるか コンフェデレーションズカップ開幕戦として行なわれた、日本のグループリーグ初戦となるブラジル戦。サッカー王国を相手に、しかもアウェーの地で、日本がどこまで戦えるのかに注目が集まった。

 しかも、昨秋のヨーロッパ遠征で日本はブラジルと対戦し、0-4で敗れはしたが、それまでに作り上げてきた攻撃スタイルを真っ向からぶつけることができた。それなりに日本のよさや特徴は発揮されていた。

 それだけに今回の対戦でも、”日本らしさ”が見られることが期待されたわけだが、日本は自分たちのよさをまったく出すことができなかった。あくまで昨秋(10月)に対戦したときとの比較で言えば、明らかに日本は後退し、ブラジルとの差は広がっていた。センターバックとしてブラジルの猛攻を浴び続けた、今野泰幸は言う。