2012.10.26

【日本代表】木村和司が申す「ザックの選手交代はどうなんじゃろか」

  • 益田佑一●撮影 photo by Masuda Yuichi

 そして大切なのは、今回露呈した課題を修正して、足りなかった部分のレベルを高めていくこと。ディフェンスで言えば、ボールの奪いどころをはっきりさせること。攻撃で言えば、シュートまで持って行く形を作って、ブラジルのようなシュート力を磨かなければいけないだろうな。

 開始早々に本田圭佑がシュートを打って、GKに止められたけれども、あれも頭の中に余裕があれば、もっと狙って打てていたと思う。もう一歩ボールを持ってから打っても良かっただろうし、また違ったシュートを選択しても良かったかもしれん。結局、ゴール前でのゆとりというか、余裕が日本の選手には足りない。そこの差は縮めていかないといかんやろうな。

 あと、気になったのは、ザッケローニ監督の選手交代や。特に酷かったのは、ブラジル戦の最後に清武弘嗣に代えて宮市亮を、吉田麻也に代えて栗原勇蔵を入れたこと。もうアディショナルタイムに入っていたやんか。あの采配はどうなんじゃろか。あそこで選手を代える前に、いくらでも交代するタイミングはあったやろ? まったく意図がわからんかった。

 だいたいブラジル戦の後半は、なかなかサイドからいい形が作れていなかった。それなら、突破口を切り開くためにも、宮市はもっと早めに入れるべきだったんちゃうか。前半で中村憲剛を下げたのもどうかと思うし、負けているのに細貝萌を投入したのもようわからん。

 これまでも首を傾げるような選手交代や選手起用がたくさんあったけど、その辺のことはこれから文句というか、もっと指摘していってもいいかもしれんな。それくらい、ザッケローニ監督の采配には疑問を感じるな。

関連記事