2012.06.05

【名波浩の視点】『史上最強チーム』に
3-0という快勝を呼び込んだザックの「叫び」

  • 益田佑一●撮影 photo by Masuda Yuichi

 ボランチを含めた、後方のセンターバック、サイドバック6人の守りも素晴らしかった。何より、ここ何試合かあまり見られなかった"前カット"の多さが際立っていた。立ち上がりから、今野泰幸と吉田麻也が積極的にアタックに行って、ほとんどくさびのボールを入れさせなかった。ボランチの長谷部誠と遠藤保仁もスムーズにスライドしながら、ボールを持った敵を早めに潰して攻撃を遮断。前に行かせないというブロックの意識が高く、ボランチとセンターバックの関係が非常にうまくいっていた。

 そうした守りを後ろ盾にした、攻撃も圧巻だった。その要因となったのは、やはり本田と香川真司の存在だ。ふたりのエース格がいることで相手のマークが分散され、本田、香川それぞれが違う(ラインの)高さでボールを受けて、攻撃への効果的なタメができていた。

 ふたりの距離間も良かった。近すぎず、遠すぎず、それぞれがスッと寄ってくる距離間が秀逸だった。ふたりが離れているときは、お互いに居心地が悪そうな感じで、すぐにボールを離して別の展開をうながす配球になっていたけれども、ふたりがいい距離にいるときはパス交換も多く、そこからいいリズムを生み出していた。そうした流れの中に、長友佑都や前田ら3人目の選手が絡むタイミングも絶妙で、そこから再三決定機を作った。

 そのうえで、ゴール前では前田と岡崎慎司の「ベストパートナー」と言うべき、見事なコンビネーションが築かれているのが大きい。前田が引いたときには岡崎が裏のスペースを突いて、前田がサイドに逃げれば岡崎が中央へ入り込むなど、まさにふたりの"あうんの呼吸"から生まれる理想的なアングルをこの日も構築。本田の先制ゴールも、前田がくさびを受けに下がったところを、岡崎が前線に入り込んで、ニアサイドに敵を引き付けて潰れ役になった動きがあったからこそ、だ。