2022.06.22

「KK世代」でベストオーダーを組んでみた! 名球会トリオをはじめ、仕事人がズラリ

  • 新田光●文 text by Nitta Hikaru
  • photo by Koike Yoshihiro

プロ野球「世代別」ベストオーダー〜KK世代編

 KK世代(1967年4月2日〜68年4月1日)は、桑田真澄、清原和博の「KKコンビ」が1983年にPL学園(大阪)で1年夏から「エース」と「4番」として大活躍して以来、四半世紀という長きにわたって野球界で圧倒的な存在感を示してきた"稀有な世代"である。「KKコンビ」のほかにも、大学や社会人を経由してプロ入りし大活躍した選手が多いという特徴がある。そこでスポルティーバが独断と偏見で「KK世代」のベストオーダーを組んでみた!

プロ通算173勝を挙げた桑田真澄プロ通算173勝を挙げた桑田真澄 この記事に関連する写真を見る

巨人の大エースに無双の大魔神

【先発】桑田真澄(巨人、パイレーツ)

 先発陣は桑田をはじめ、佐々岡真司、野田浩司、渡辺智男の名前が挙がる。そのなかでもPL学園時代に前人未到の甲子園通算20勝を達成し、プロ入り後も世代ナンバーワンの勝利数173を誇る桑田をエースに推したい。ピッチングだけでなく、ゴールデングラブ賞8回が示すようにフィールディングも屈指。また、1994年の巨人と中日の「10・8決戦」での気迫あふれるピッチングは、ジャイアンツファンの心を熱くした。

NPB通算成績:442登板/173勝141敗14セーブ/防御率3.55
MLB通算成績:19登板/0勝1敗/防御率9.43

【中継ぎ】河本育之(ロッテ、巨人、日本ハム、楽天)

 田布施工高(山口)時代は軟式野球部に所属し、3試合連続ノーヒット・ノーラン、1試合24奪三振など、数々の記録を打ち立てた快速左腕。社会人野球の新日本製鐵光に入社後から硬式野球を始め、都市対抗出場に貢献した。

 1991年にドラフト2位でロッテに入団し、1年目から19セーブを挙げるなど活躍。その後も成本年秀とのダブルストッパーなど、長きにわたりロッテブルペンを支えた。その後、巨人、日本ハム、楽天でもプレー。通算95セーブをマークした。

通算成績:500登板/36勝43敗95セーブ/防御率3.57

【抑え】佐々木主浩(大洋、横浜、マリナーズ)

 抑えは佐々木主浩で決まり。東北高校(宮城)時代から大型右腕として注目され、甲子園でも活躍。高校卒業後は東北福祉大に進み、1989年のドラフトで大洋(現・DeNA)に入団。当初は先発での登板もあったが、抑えに転向してからは150キロを超すストレートとフォークを武器に "ハマの大魔神"として無双を誇った。

NPB通算成績:439登板/43勝38敗252セーブ/防御率2.41
MLB通算成績:228登板/7勝16敗129セーブ/防御率3.14