2022.06.24

元NPB審判員・杉永政信が選ぶ「球種別・最強投手」。落合博満が腰を抜かし、古田敦也が絶叫したカーブの使い手は?

  • 水道博●文 text by Suido Hiroshi
  • photo by Kyodo News

 昨年までプロ野球の審判を務めた杉永政信氏。ジャッジ歴35年は、NPB史上4位タイの記録である。長きにわたってプロのボールを見てきた杉永氏に、球種別で見た最強投手は誰なのかを挙げてもらった。

日本ハム時代の2016年に当時NPB最速の165キロをマークした大谷翔平日本ハム時代の2016年に当時NPB最速の165キロをマークした大谷翔平 この記事に関連する写真を見る

ピストル弾のようなストレート

ストレート/大谷翔平(日本ハム、エンゼルス)

 ストレートのナンバーワンは、日本ハム時代の大谷翔平選手。もともと私はセ・リーグ出身ですが、セ・パ審判部が統合されたのは2011年。その頃から、パ・リーグの投手は強い球を投げるなと思っていました。

 大谷投手が「1番・投手」で出場していたので、2016年だったと思います。じつは私も元プロ野球選手で、身長189センチの投手でした。大型投手は打者にすれば威圧感も出るし、ボールに角度もつくから有利な反面、体を使いこなすのが難しい。私もそこで苦労したひとりです。でも大谷選手は193センチの長身なのに、投打とも器用にプレーする姿が強く印象に残っています。

 球審は「ストライク」「ボール」を判定するのがおもな仕事なので、スピードにはあまり興味がないのですが、大谷選手は別格。「ものすごく速い球を投げるな」と驚きました。事実、160キロ以上出ていました。

 よくスピードガン表示を見て「こんなに出ているかな」と疑問に思う投手もいるのですが、大谷選手はそれ相応のスピードが出ていました。

 例えるなら、楽天の田中将大投手の球は「重い石」で、大谷選手は「ピストルの弾」。つまり、きれいな回転でスパーンと飛んでくるイメージでした。

カットボール/川上憲伸(中日、ブレーブス)

 カットボールは中日で活躍した川上憲伸投手。日本で最初にカットボールを投げたのは川上投手ではないでしょうか。いずれにしても、川上投手が投げたことでカットボールがメジャーな球種になり、一気に広まっていきました。

 最初にこのボールを見た時、谷繁元信捕手とこんなやりとりがありました。

「谷繁捕手、今の球はインスラ(インコースのスライダー)? それとも単なるすっぽ抜け?」
「いえ杉永さん、カットボールですよ」