新庄、藤本、立浪の3新監督の序盤戦の戦いぶりを真中満が評価。ビッグボスに「ひとつだけ注文がある」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

インタビューに応じる真中満氏 photo by Sportivaインタビューに応じる真中満氏 photo by Sportivaこの記事に関連する写真を見るーー確かに、去年までのメンバーとはガラリと変わって若手の台頭が目立っています。交流戦が始まったヤクルト戦での熱戦など、善戦も続いている印象があります。

真中
 その点は監督1年目の戦い方でいいと思うんです。今はまだ様子見の部分もあります。手探りで選手たちの適性を見極めたり、可能性を探ったりしながら、善戦して経験を積んでいけばいい。でも、2年目からは勝ちに徹する采配が求められていく。本当の真価は、新球場が完成する来年以降じゃないのかな? 采配面じゃないけど、僕からもビッグボスに注文があるんですよ。

ーーどんな注文でしょうか?

真中 彼の場合、キャラクター的に弱いところを見せられないタイプでしょう。だから勝った時はいいけど、負けた時は広報を通じてコメントしたり、時にはノーコメントだったりすることもある。でも、たとえ負けたとしても、自ら表に出てコメントしたほうがいいと思うんですよね。僕ら伝える側も、最大限にビッグボスの思いを伝えるように頑張るから、ぜひ「生の声」を聞かせてほしいんですよね。

ベテランと若手の新陳代謝を図るソフトバンク

ーーでは、ソフトバンク・藤本博史監督はいかがでしょうか?

真中 前任の工藤公康監督もそうだし、その前の秋山幸二監督もそうだったけど、ソフトバンクの場合は豪打が注目されがちだけど、基本的には投手を中心に守備力で守り勝つ野球なんですよ。そういう意味では、藤本監督も歴代監督を踏襲している感じがしますね。

ーー戦い方については、大きな変化は見られませんか?

真中
 もともと、戦力も充実して強いチームが、去年はたまたまBクラスになっただけだから、大きく変える必要もないし、選手たちも実力のある選手ばかりですから。ただ、そうしたなかでも栗原陵矢の負傷離脱があったりしたことで、若手選手をさらに積極的に起用しようとしている姿は見受けられますね。

ーー今年は高卒6年目の三森大貴選手、大卒3年目の柳町達選手など、若手選手の出場機会も増えていますね。

真中
 松田宣浩も39歳になったし、柳田悠岐も34歳になる。黄金時代のメンバーに代わる次の世代を育てようという意思は感じますよね。千賀滉大、石川柊太、武田翔太がまだ健在のうちに、守りながら若手の台頭を待つ。そういう意図が感じられます。

ーー現在、楽天と首位争いをしていますが、今年のソフトバンクは新陳代謝を図りながら、優勝争いに絡んでいきそうな気配を見せています。

真中
 楽天も投手がそろっているし、それほどソフトバンクを苦にしていないから、いい勝負をすると思いますよ。先ほどのビッグボスもそうだけど、藤本監督も「今後はこうやって戦っていこう」という方向性は見つけていると思いますね。その点、中日の立浪監督はまだ手探り状態が続いている気がしますね。

2 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る