藤本博史監督が語る「ホークス野球の全貌」。開幕戦の日本ハム・新庄監督には「どんどんパフォーマンスを」

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • photo by Koike Yoshihiro

── 攻撃野球と聞けば大味な印象ですが、じつは「藤本野球」は緻密?

「極端な話、ヒットを打たなくても1点を取る。そういう野球をしたい。キャンプの紅白戦でも、ランナーだった佐藤直樹が内野手の悪送球間の間に二塁から一気に生還する積極的な走塁がありました。相手のミスでの1点、そういう得点を大事にしたい。また、攻める野球と言いますが、そのなかに細かい野球は当然入ってきます。たとえばウチの千賀とオリックスの山本由伸が投げ合えば、1点が大事になる。バントも必要になるケースがあるでしょう。臨機応変な野球ですよ。とにかく細かい野球をするためには、先頭打者が出塁しないと。その大切さは選手には伝えていきますよ」

── そして、チャンスで決定打。そういえば、今もホークス応援団の「チャンステーマ」は藤本監督の現役当時のヒッティングマーチが受け継がれていますね。

「ずっと使ってくれていますよね。ありがたいですよね。指導者としてチームに戻る前の解説者の時からずっと聞いていますが、僕のチャンステーマなんだから打ってくれよと思いながら聞いています(笑)。そして、今年のホークスにもチャンスに強い頼れる選手をつくっていかないとね。長谷川が引退して。(川島)慶三もチームを去りましたから」

── 最後に『今年の公約』を何かお願いできますか?

「なんだろうな。すでに『日本一になったら髭を剃る』って言ってますからね(笑)。ここでは、ファンのみなさんに感動してもらえる楽しい野球をしていきたいというのをお約束します」

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る