2022.02.24

片岡篤史は中日の二軍監督になってもYouTubeを続ける。選手のファンや身内に「頑張っていることを伝えたい」

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • 小嶋裕●撮影 photo by Kojima Yutaka

中日二軍監督
片岡篤史インタビュー 後編

(中編:石川昂弥らは「全国区のスター選手になってもらいたい」>>)

 登録者数が28万人を超え、プロ野球OBのYouTuberのなかでも大きな存在感を放つ片岡篤史。中日の二軍監督に就任後も精力的に情報を発信し、初の"二軍監督兼YouTuber"として歩み続けている。

 今後はどんなコンテンツを視聴者に届けていくのか。なぜ二軍監督を務めながらYouTubeを続けることを決断したのか。その胸の内を聞いた。

中日の二軍監督をやりながらYouTubeでの活動も続ける片岡監督中日の二軍監督をやりながらYouTubeでの活動も続ける片岡監督 この記事に関連する写真を見る ***

――楽天の田中将大投手はシーズン中に自身のYouTubeチャンネルを更新し、日本ハムの新庄剛志監督は戦略的にメディアに露出。情報発信の形が大きな転換期を迎えており、片岡さんにはYouTubeでの発信にも期待するファンが多いと思います。どんなコンテンツを考えていますか?

片岡篤史(以下:片岡) 二軍監督でありながらYouTubeをするというのは前例がないので、わからないことだらけ。球団が「あかん」と言えばやめなきゃいけませんでしたし。でも、YouTubeを始めてからまだ2、3年ですけど、自分のYouTubeに対する見方もかなり変わってきました。

 それが、各球団がYouTubeをやり出している理由でもあると思うんです。僕は、「二軍ってこんなことすんねんで」とか「今、こんな選手が頑張ってんで」とか、二軍監督でしかできないことを考えながらやっていきたいですね。

 たとえば、オープン戦で活躍した選手がいたら、「キャンプからこういうことをしていて、結果が出ました。これからも続けていってほしい」というような内容も考えていますし、ピッチャーが打たれた時は、「このあたりを修正していけばよくなっていくだろう」とか、そういう話をしたいです。選手が二軍の時代からみなさんにわかっていただくと、一軍で活躍した時の喜びも大きくなると思うんです。あくまで現段階での構想ですが。