2022.01.19

星野仙一からの通達に「なぜ自分が……」。山本昌が語る転機と新ボール取得秘話

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • Photo by Sankei Visual

野球人生を変えた名将の言動(3)
山本昌が語る星野仙一 前編

2人目:広岡達朗から「練習に参加しなくていい」と言われた石毛宏典>>)

 指導者との出会いが、アスリートの競技人生を大きく変える。歴代最長となるプロ生活32年、実働29年をマークし、歴代最年長の42歳で通算200勝を達成した元中日の山本昌は、星野仙一、アメリカでのアイク生原との出会いが野球人生の転機となった。

 沢村賞や3度の最多勝、歴代最年長のノーヒットノーランなど輝かしい幾多の記録を残し、今年1月14日には野球殿堂入りも果たした山本に、2人とのエピソードや上司としての魅力を聞いた。

1988年9月、プロ初完封で勝利した山本昌(右)を祝福する星野監督1988年9月、プロ初完封で勝利した山本昌(右)を祝福する星野監督 この記事に関連する写真を見る ***

――最初に星野さんを知ったきっかけは?

山本昌(以下:山本) 自分が小・中・高の頃から父親が中日ファンだったので、星野さんの名前は昔からよく聞いていました。僕が中日に入団して、3年経った頃に星野さんが中日に監督として戻ってくることが決まったんです。チームの先輩たちからは「大変な人が帰ってくるから、お前らしっかりしろよ」と言われ、監督就任会見で星野さんが「覚悟しとけよ」と発言されていたのを見ていましたが、「実際はどんな人なんだろう」と思っていました。

――星野さんに初めてかけられた言葉は覚えていますか?

山本 1軍での実績が全然ないなか、就任してすぐの1軍秋季キャンプ(浜松)に呼んでいただき、その時に少しだけ話したことを覚えています。話したといっても、僕は若かったですし、「はい」か「いいえ」としか言えませんでしたけどね。

 その時はブルペンで、確か「おい34番、全力で投げてみろ」と言われたんですが、その前から僕は全力で投げていたんです(笑)。だから「これで全力です」と答えたら、星野さんはがっかりしていました。

――星野さんの監督就任2年目に、中日はロサンゼルス・ドジャースと同じ米・フロリダ州ベロビーチで春季キャンプを行なっていました。キャンプ終了後にチームメートたちが帰国する一方で、山本さんを含む複数の若手選手がアメリカに残されたそうですね。

山本 プロ入り5年目の時ですね。開幕1軍を狙っていて、「今年ダメならクビだろう。ラストチャンスだ」と思って春から頑張っていたのでショックでした。キャンプ中の試合でKOされ、その日の晩に「11月までアメリカにいろ」と告げられたんですが、「なぜ自分が......」という思いでした。

 今でこそアメリカ野球との関係は深くなっていますが、当時はほとんど交流がなく、助っ人の外国人選手が日本に来るぐらい。僕は英語が話せないし、5年目で最後かもしれないというタイミングでしたから、かなり落胆したのを覚えています。