2021.11.20

「これが20歳のピッチング!?」と解説者たちも絶賛。ヤクルト奥川恭伸の投球術はまるで全盛期の桑田真澄

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Koike Yoshihiro

 ヤクルトとオリックスの日本シリーズがついに開幕する。オリックスの絶対的エースである山本由伸に対し、強打のヤクルト打線がどう挑むのか──まずはそんな構図が浮かび上がる。そしてもうひとつ注目したいのが、その山本と投げ合う投手は誰なのかということだ。

 今回の日本シリーズは予告先発がないため、試合当日まで誰が投げるかわからない。とはいえ、信頼できる投手のフル回転が予想される短期決戦において、エースに第1戦を託すのはもっとも理にかなった策であるのは間違いない。

 自ずと第1戦は"エース対決"となり、山本とのマッチアップの最有力候補として名が挙がるのが、2年目の奥川恭伸である。

高卒2年目ながら今シーズン9勝をマークしたヤクルト奥川恭伸高卒2年目ながら今シーズン9勝をマークしたヤクルト奥川恭伸 この記事に関連する写真を見る  今シーズンの奥川は、18試合に登板して9勝4敗、防御率3.26の成績を残しているが、強烈なインパクトを与えたのは、巨人とのクライマックス・シリーズ(CS)ファイナルだった。

 日本シリーズをかけた大一番の初戦を任された奥川は、巨人打線を6安打に抑え、無四球完封勝利。しかもこの日投じた球数はわずか98球と、文句のつけようのない完璧なピッチングを披露した。

 奥川のピッチングについて、解説者の吉見一起氏は次のように語る。

「突っ張って投げるタイプですが、地面の力をうまく利用して投げていますし、しっかり上から腕が振れるのでボールに角度がある。フォークの落ちもすばらしく、打者にしてみれば高低の見極めはすごく難しいと思います。さらにスライダーの曲がりもいいので高低だけなく左右でも揺さぶってくる。そこに緩急も入れてくるのでピッチングが立体的ですよね。打者は慣れるまでに相当時間がかかると思います」

 同じく解説者で、侍ジャパンの投手コーチとしても東京五輪金メダル獲得に貢献した建山義紀氏は、奥川の投球術に舌を巻く。

「フォークの精度が高く、打者としては追い込まれるまでに勝負したいと思うのですが、ボールのキレはもちろん、コントロールがすばらしいから容易にとらえることができません。とにかく打者に的を絞らせない。これが20歳のピッチングか......という感じです。すでに打者を打ち取る術を知っていますね。首脳陣としては安心してマウンドに送り出せる投手です」