2021.11.04

巨人・亀井善行が語るプロでの一番の衝撃と忘れられない会心の一打。「ホームランを狙って打席に入った」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

 10月21日、巨人ひと筋で17年間プレーを続けてきた亀井善行が引退を発表した。2004年のドラフト4位で中央大学から入団後、卓越した守備と勝負強いバッティングでチームに貢献。2009年にはWBCでも活躍した名外野手だ。

 現在は、11月6日から始まる阪神とのクライマックスシリーズ(CS)に向けて準備を進めている。そんな亀井がインタビューに応じ、現役生活の中で衝撃を受けたこと、打撃・守備で意識していたこと、チームメイトに伝えたいことなどを話した。

10月23日の引退セレモニーで涙ながらに挨拶する亀井10月23日の引退セレモニーで涙ながらに挨拶する亀井 この記事に関連する写真を見る ***

――まだCSが始まる前ではありますが、あらためて選手生活を振り返っていただけたらと思います。亀井さんが、プロ入り後に一番の衝撃を受けた出来事を挙げるとしたら?

「プロ入り2年目の2006年に札幌ドームで行なわれた中日戦で、カットボールが代名詞だったエースの川上憲伸さんと対戦した時ですかね。その時はストレートを打って2塁打になったんですが、しっかりと芯で捉えたはずなのに、インパクトの瞬間に押し戻される感覚があったんです。

 普通だったら、ボールを芯で捉えればバットを押し込むようなスイングができるのに、その打席ではできなかった。あの押し込まれた感覚は『プロってすごいな』と初めて衝撃を受けた出来事でした」

――それから、押し込まないようにするための対策などはしましたか?

「自分が明らかにパワーが不足していると認識したので、体の力を意識して練習方法から変えるようにしました。振り返ると、成長のきっかけになった対戦でしたね」

――プロのすごさを感じた打席を挙げていただきましたが、逆に「会心の一打」だった打席はありますか?

「2009年の日本ハムとの日本シリーズ第5戦の、9回裏1-2の1点ビハインドの場面で武田久さんから打った同点ホームランです。あの時はホームランを狙って打席に入ったと思いますが、初球の真っすぐをしっかり捉えることができました。

 僕はローボールヒッターでしたが、あの時はボールが高めに来たのに狙いどおりに打てた。タイミングはもちろん、日頃からイメージしていた"ボールを1球で仕留める"ことができた打席でした」