2021.05.27

ラミレスが考えた「巨人のベストオーダー」。悩める井納翔一のトリセツも明かした

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

ラミレスインタビュー 前編
現状で考える巨人ベストオーダー

【「二番最強説」をラミレス氏が解説】

――2021(令和3)年セ・リーグのペナントレースは阪神タイガースが首位を快走し、リーグ3連覇を目指す読売ジャイアンツが続いています。しかし、巨人は大黒柱のエース・菅野智之、そして、キャプテン・坂本勇人が相次いで離脱。苦しい戦いが続いていますね。

ラミレス 新型コロナウイルスの感染が収まっていない状況下で、投打の中心となる選手が離脱するということは、監督としてはとても大変なことだと思います。

5月9日のヤクルト戦で右手の親指を骨折し、長期離脱を余儀なくされた坂本5月9日のヤクルト戦で右手の親指を骨折し、長期離脱を余儀なくされた坂本 ――そこで今回は、ラミレスさんが考える現状の「ジャイアンツベストオーダー」についてお尋ねしたいと思います。1番での起用が多いのは、横浜DeNAベイスターズ時代に一緒に戦った梶谷隆幸選手。彼の一番起用についてはいかがですか?
(※梶谷は5月25日に選手登録抹消。早期復帰の可能性もふまえ、インタビュー時の内容をそのまま掲載します)

ラミレス カジの1番は適任だと思います。打率、ホームラン、打点と満遍なく記録を残しているし、盗塁もすでにリーグトップの10個もしていますし。彼が1番にいると打線は機能する。DeNA時代と比べて、今年はちょっと強振が目立つというか、右方向に引っ張る打球が多いですね。ホームランを意識しているのかどうかはわからないけど、彼のいい時は左方向への打球が多い。もう少し逆方向を意識すれば、打率も上がっていくでしょう。

――2番には坂本選手が起用されることが多かったですが、その坂本選手が離脱した今、2番には誰を起用したいですか?

ラミレス 2番はウィーラーですね。今年は絶好調だし、彼はパワーもあって、きちんと状況に応じたケースバッティングもできます。2番にウィーラーが控えていることで、相手投手はまったく気が抜けない状況になると思いますね。