2021.05.02

阪神快進撃の陰の立役者・中野拓夢。これほどの選手がなぜドラフト6位だったのか

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Koike Yoshihiro

「大学の時はセカンドとして見ていましたけど、社会人に入ってショートもこんなに上手いのかって、ちょっとビックリしました。ただ、スローイングに少し不安があるというスカウトがいたんです。中野くんはゴロを捕ったあと、余裕があるとボールを握った右手でグラブを叩くクセがあるようで、その際、トップをつくりきれずに投げてしまい、送球がブレると。とはいえ、守備の精度は高いし、スピード感があっていい内野手だと思いますけどね」

 ビックリするようなスーパープレーはしないかもしれないが、守備範囲に飛んできた打球は確実にアウトにする。それこそ、プロの第一線で活躍する多くの投手が掲げる「プロらしい内野手の資格」なのである。

 黄金ルーキー・佐藤の豪快なバッティングに目を奪われがちだが、中野のいぶし銀の活躍こそ、今の阪神には不可欠な気がしてならない。

関連記事