2021.04.01

大打者・若松勉は広岡達朗に認められず。「しばらくの間、一緒にいたくない」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

【広岡達朗は決して若松を認めなかった】

――若松さんの評伝などを読むと、プロ入り以来順調だったけど、広岡達朗監督時代には、相当苦労された様子が伝わってきます。近くで見ていて、この点はいかがですか?

八重樫 それは間違いないでしょうね。それは若松さん本人からも聞きました。どんなに活躍しても、広岡さんは決して若松さんのことを認めなかった。野村(克也)さんもそうだけど、中心となる選手にはあえて厳しくしたんでしょうね。

――具体的には、どのように厳しかったんですか?

八重樫 広岡さんが言っていたのは、「レギュラーなら、若手の手本になれ」ということでした。肉離れ寸前で足の状態が最悪だった時に「もっと全力疾走しろ」と言われて、本当に腹が立ったんだって。「しばらくの間、広岡さんと一緒にいたくない」という思いで、むしろ「肉離れしろ。筋よ切れろ」と思って全力疾走したら、全然切れずに、普通にプレーが続けられたと(笑)。

――後に、広岡さんは西武の監督になってから、まったく同じように田淵幸一さんに接しました。それを見て、若松さんは「昔、オレがやられたことを、今は田淵さんがやられているな」って感じたそうです。

八重樫 それが、広岡さんならではの選手操縦法だったんでしょうね。広岡さんへの反発心が原動力となって、発奮したのかもしれない。

――ちなみに、広岡さんは大杉勝男さんにはどのように接していたんですか?

八重樫 大杉さんにも厳しく当たっていましたよ。広岡さんは、そういう意味ではえこひいきはしないですから。トップの選手にトップとして求めるものは、若松さんでも、大杉さんでも変わらなかったんじゃないのかな? でも、大杉さんの場合、試合中にベンチの後ろで「バカヤロー」って怒鳴っていることも、よくありましたけどね(笑)。

――若松さんの話題、まだまだ尽きません。ぜひ、次回もお願いします。

八重樫 まだまだ、若松さんとの思い出話は尽きないですからね。来週もよろしく。

(第60回につづく>>)

関連記事