2020.12.24

大打者・落合博満の攻略方法。八重樫幸雄「荒れ球投手が苦手だった」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

――あらためて、落合さんのすごさというのはどういうところですか?

八重樫 やっぱり、バットコントロールですよね。彼の場合は動きが少ない。手首、ヒジの関節が柔らかくて、無駄な動きがまったくない。その状態で、下半身を上手に、柔らかく使っている。彼のフリーバッティングは注目でしたよ。

――どのような点が注目だったんですか?

八重樫 彼のフリーバッティングはまったく力が入っていなくて、かるーく遊びながらバットを振っているような感じなんだよね。上半身にはほとんど力が入っていない。でも、よく見てみると、ひざから下の下半身が上手に柔らかく使えている。だから、鋭い打球が飛んでいく。インパクトの瞬間に下半身の力がすごく伝わっているからだね。そうそう、本番の試合の打席で驚いたことがあったな。

――どんなことがあったんですか?

八重樫 落合が右打席に立つでしょう。で、ヒットを打つ。次のバッターが打席に入る時に、落合が立っていた右打席を見ると、軸足(右足)の土がものすごく深くえぐれていたんです。打撃フォーム全体を見ると、柔らかくて力の抜けたスイングなのに、実は下半身にはものすごく力が入っていて、それがバットに、ボールに、上手に伝わっている。「理想的なスイングだな」って、敵ながらほれぼれしたことを覚えています。そうそう、一度、落合に怒られたこともあったな(笑)。

【落合博満の打撃理論は共感できる】

――八重樫さんが落合さんに怒られたんですか?

八重樫 怒られたというか、叱られたというか(笑)。確か、ラミレスが来日2年目ぐらいだったと思うけど、試合前の打撃練習中にラミレスのバッティングをコーチとして見ていたら、落合が寄ってきて、「八重樫さん、ラミレスにちゃんと教えなきゃダメだよ」って言われたんだよね。まだラミちゃんも課題が多い時期だったから、落合の言いたいこともわかったけど、「まだ、その段階じゃないんだよ」って言ったんだよ(笑)。