2020.09.17

張本勲が落選!? 大番狂わせが起きた
八重樫幸雄の日本ハムベストナイン

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

◆現役最後の日、稲葉篤紀が流した涙の本当の理由

――では、ショート、サードは?

八重樫 ショートは金子誠、サードは小笠原道大かな? 金子誠は高卒3年目にはレギュラーをつかんだよね。ヤクルトの二軍監督時代に彼の若い頃を見たけど、守備のセンスは非凡なものがあったよ。彼の悪口を言う人と会ったことがないんだけど、人間的にもいいヤツなんだろうね。若い時からベテランのようなクールさと落ち着きがあった。高代(延博)もいいショートだったけど、僕は金子を選びたいな。

――サードは現・ヘッド兼打撃コーチの小笠原道大さんなんですね。

八重樫 彼も、決して手を抜かない選手だったよ。気持ちが全面に出るタイプの選手で、昔の武士のようなたたずまい。まさに「ガッツ」のニックネーム通り。この時代には珍しい、僕の好きなタイプです。僕とは正反対のバッティング理論の持ち主だよね。彼は体の力をフルに使ったスイングだけど、「もう少し力を抜いて柔らかさがあってもいいのにな」という思いで見ていました。でも、彼の場合はあのスイングできちんと成績を残したわけだから、決して否定はしないけどね。

【近藤健介は「天才」榎本喜八タイプ】

――では、外野手の発表をお願いします!

八重樫 日本ハムの外野は現役の近藤健介、西川遥輝、そして一緒にプレーをした稲葉篤紀の3人かな? 

――おっ、張本勲さんは選外ですか!

八重樫 張本さんは迷ったんです。でも、守備は決して上手ではなかったということで、「ベストDH」候補なんです。でも、この点については後でじっくり説明しますよ。ということで、外野は現役から2人選びました。特に近藤健介は、本当にいいバッターですよ。史上初の「打率4割」を打つとしたら、彼じゃないのかな?