2020.08.20

楽天ベストナインを八重樫幸雄が選出。
「初代監督」のウワサの真相も

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

「オープン球話」連載第29回 

◆中日ベストナインで即決した星野仙一のすごさ>>

【楽天歴代ベストバッテリーは迷いなく決定!】

――さぁ、八重樫さんが選ぶ「歴代ベストナイン」、今回は東北楽天ゴールデンイーグルス編です。2005年の球団創立からまだ16シーズン目。他球団と比べると歴史は浅いですが、よろしくお願いします!

八重樫 今回が、今までで一番難しかったよ(笑)。でも、僕も仙台出身なので気合いを入れて選びました。

――2005年の球団創設時、「八重樫、初代監督就任か?」という報道もありましたよね。

八重樫 ありましたね。もう大変だったんだから。そんな話なんてまったくないのに「あれは本当なんですか?」とか、「おめでとう」とか言われて(笑)。この時、僕はヤクルトのコーチだったんだけど、当時の若松勉監督から「おい、どうなっているんだ?」って聞かれました。あらためて言うけど、そんな話は全然なかったよ。

2013年に初の日本一に輝いた楽天――わかりました(笑)。では、「楽天歴代ベストピッチャー」からお願いします!

八重樫 ピッチャーに関しては悩みませんでしたよ。マーくん、田中将大しかいないでしょう。東日本大震災以降、東北の人すべてに勇気を与えてくれたという感謝の思いもあります。現チームに所属する則本昂大もいいピッチャーだけど、球威、コントロール、変化球の精度、マウンド度胸、すべての面においてマーくんが上でしょう。

――現役メジャーリーガーとしての活躍も考えると、異存は少ないでしょうね。では、キャッチャーはいかがですか?

八重樫 キャッチャーも迷わなかったな。これは嶋基宏ですね。今年からヤクルトでプレーしているけど、震災時の「見せましょう、野球の底力を」というスピーチも感動的だったし、2013年の初めての日本一には彼の力は欠かせなかったでしょう。