2020.07.30

掛布、バースらが揃う阪神ベストナイン。
八重樫幸雄が悩んだのは遊撃と外野

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――生え抜きということで言えば、新庄剛志さんはいかがですか?

八重樫 確かに守備は天下一品だったと思いますよ。でも、バッティングはムラがあったし、打撃成績がよくなってからすぐにメジャーに行ったので活躍期間も短かった。彼がずっと阪神タイガースにいれば「ミスタータイガース」として、歴代ベストナイン入りしたかもしれないですけどね。僕はそもそも、基本から外れている選手は好きじゃないんですよ(笑)。

――新庄さんは基本から外れていますか?

八重樫 誰がどう見ても、外れてるでしょう(笑)。

【かつては不正投球がとても多かった】

――以前、「球種別ベスト投手」を伺ったときに、「キーオのナックルカーブはすごかった」とおっしゃっていましたよね。忘れられない外国人選手はいますか?

八重樫 もちろん、歴代ナンバーワンはバースしかいないし、誰もが納得するとは思うんだけど、僕はキーオが忘れられないですね。彼はクロス気味にステップして投げてくるので、右バッターとしては恐怖感を覚えるタイプの投手なんですよ。そこで、不思議な揺れをする変化球が投じられる。イヤな投手でした。

――最近ではよく聞きますけど、80年代当時としては「ナックルカーブ」という球種にはなじみがなかったですからね。

八重樫 そうだよね。名前自体もそうだけど、変化の仕方も、それまでに見たことのないものだったから。「ボールを傷つけてる」と言っている選手もいたけどね(笑)。

――外国人投手の場合、ボールに傷をつけたり、ツバをつけたり、帽子のひさしの裏に松ヤニを塗りつけたり、「不正投球が多い」という話もありましたね。

八重樫 僕が入団する以前の60年代には、そういう投球も多かったって話はよく聞きましたよ。でも、実際に証拠をつかんだわけではないけど、「アイツは怪しい」というウワサは、僕の現役時代にも選手間でもよく流れてきたけどね。