2020.04.13

平田良介が語る根尾昂の打撃。「まだアイツの中で土台ができてない」

  • sportiva●文 text by sportiva
  • 松田崇範●写真 photo by Matsuda Takanori

マンガ『BUNGO-ブンゴ-』の作者が
プロ野球春季キャンプを取材!
~中日ドラゴンズ・平田良介編~

ソフトバンク・今宮健太編はこちら>>

『ヤングジャンプ』で連載中の野球マンガ『BUNGO-ブンゴ-』。中学(シニア)野球を舞台にした甲子園のための甲子園を超える死闘を描き、人気を博している。その最新22巻の発売を記念して、作者の二宮裕次先生がプロ野球チームの春季キャンプを訪問し、選手たちを取材した。

今シーズンの意気込みを語った中日の平田良介選手

 第3弾となる今回は、二宮先生がファンでもある中日ドラゴンズの平田良介選手にインタビュー。平田選手自身のことについてはもちろん、大阪桐蔭高の後輩で自主トレも一緒に行なった根尾昂選手についても話を聞いた。
              
二宮裕次(以下二宮) 今シーズンのチームとしての手応えはいかがでしょうか。

平田良介(以下平田) チームはすごくいいと思います。昨年も悪くはないと思っていました。あとは、投打がかみ合えばいいチームになるはずです。打撃陣も投手陣もいいですし。

二宮 期待が出来そうですね。今シーズンの平田選手自身の目標も教えてください。

平田 タイトルを獲りたいですね。平田良介という選手に箔をつけたいなと思っています。何か1つ、何でもいいからタイトルが欲しいです。何でもいいって言うとそんなことないだろってよく言われるんですけど、本当にタイトルだったら何でもいい。だって、例えば打点王を獲ったとして、「打点王じゃなくてホームラン王が良かった」とはならないでしょう。だから、なんでもいいんです(笑)。