2020.02.25

元NPB選手が多数所属で話題。
琉球ブルーオーシャンズが描く未来

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 NPB9球団が春季キャンプを張る沖縄県で、ひっそりともうひとつのプロ球団がキャンプを送っている。

 チームの名前は「琉球ブルーオーシャンズ」。沖縄に初めて誕生したプロ球団である。1月25日から八重瀬町の東風平(こちんだ)運動公園野球場でキャンプを張っている。

 チームの全容は球団の方針もあり、厚いベールに覆われている。ロッテ、DeNAで活躍した清水直行が監督に就任し、田尾安志アドバイザー、寺原隼人コーチ、井手正太郎コーチら首脳陣も元NPB組で固める。さらに選手は吉村裕基(元ソフトバンクほか)や亀澤恭平(元中日ほか)のような実力者を含め、元NPB選手が9人も所属する。

琉球ブルーオーシャンズの初代監督に就任した清水直行 ブルーオーシャンズが特殊なのは、国内独立リーグに所属することなく活動し、将来的にNPBへの参入を目指していることだ。つまり、今年度は公式戦を戦うことなく、NPBのファームや海外のプロ球団、社会人チームなどと非公式戦を行なう。

 大手企業がスポンサーに名を連ね、選手の最低年俸は240万と独立リーグ球団と比較すると破格の条件である。とはいえ単純な疑問として、リーグ戦を戦わない以上、年間通してどんなモチベーションで活動するのだろうか。清水監督に聞くと、明快な答えが返ってきた。

「チームとしてはNPBに参入できる時を待つ。選手たちはNPBへの復帰、もしくはドラフト指名を受けることを目指す。また、指導者としての経験を積みたい人間の受け皿にもなれたらと思います」