2020.01.01

鈴木誠也が培ったリーダーの自覚
「自分も変わらないといけないなって」

  • 前原淳●文 text by Maehara Jun
  • photo by Getty Images

東京オリンピックで輝け!
最注目のヒーロー&ヒロイン
野球 鈴木誠也 編

 2020年、鈴木誠也は広島だけでなく、日本の顔になる。広島ではチームの復権に欠かせない超主力であり、東京五輪に臨む侍ジャパンでは4番の最有力候補。新たな1年で鈴木は、全国の注目を集めるに違いない。

 昨シーズン、広島では笑って終わることができなかった。自身は初の個人タイトルとなる首位打者と最高出塁の二冠に輝くも、チームは4位に終わった。リーグ4連覇を逃し、クライマックス・シリーズ進出すらも果たせなかった。

2019年開催のプレミア12で日本代表の4番として世界一に貢献した鈴木誠也 球団初の1億円超アップの推定2億8000万円で契約更改した会見でも「個人的にはよかったですけど、シーズンは4位に終わってしまった。もっとやれたんじゃないかという思いがある。みんなで優勝したい。4位になって、面白くないと思ったので、優勝できるように頑張りたい」と振り返った。

 個人よりもチーム──素直にそう考えられることが、鈴木という打者の最大の強みかもしれない。

 2019年、広島は転換期を迎えた。2018年オフに精神的支柱だった新井貴浩が引退し、ともに中軸を担っていた丸佳浩がFAで巨人に移籍した。

 当然のように、開幕から他球団のマークは鈴木に集中した。さらに、不調の選手も多く、打線全体が低調でつながりを欠いた。前年のように得点を奪えず、白星もつかめない。苦しい戦いを余儀なくされたが、それでも鈴木は目の前の打席、目の前の1球に全神経を注いだ。

「厳しくなったのは今に始まったことじゃない。ボール球は見送り、ストライクは振る」

 現在、25歳。チーム内では若手の部類に入る。だが、チーム内での立ち位置は違う。これまでの主力選手が抜けたチーム状況が、鈴木にリーダーとしての自覚をより強いものにした。

「僕が引っ張っていかなくてはいけないと思いますし、先輩であってもコミュニケーションをとっていきたい」

 これまでは引っ張ってもらっていた感覚が強い。だが、チームが転換期を迎えた今、このままではいけないと鈴木は言う。