2019.08.16

本人が自負。「巨人V9を支えたのは
柴田、高田、土井、黒江の好走塁」

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki

 ともかく、柴田さんは翌年以降も走りまくり、66年に46盗塁で初のタイトルを獲得すると、67年は70盗塁という破格の数字で2年連続盗塁王。この年から着用していた手袋が赤色で、それが斬新だったことで[赤い手袋]もしくは[赤い怪盗]というニックネームがつけられた。当時の球界では、赤色のものを身につけること自体、珍しかったのだ。

「赤もそうだけど、手袋をつける人はほかに誰もいなかった。素手で打たないと怒られた時代だよ。だから初めは素手で打って、塁に出たらつけてたんだけど、2年ぐらいして、面倒なんで手袋して打つようになったの」

 手袋のみならず、スイッチも前例がなかったのだ。ほかに誰もやっていないことを果敢にやってのける──。その姿勢が、柴田勲という選手のセールスポイントを作り上げたのだと思う。

「いやいや、果敢じゃないのよ。たまたまなんだよ。あくまでも結果的に、赤い手袋がセンセーショナルに見られた。それも70盗塁なんてできた時代だったからであって、今はみんなクイックをやる、ビデオが発達してピッチャーのクセも直されちゃう。オレが走ってたときよりも、今のほうが盗塁は難しくなってるよね。ということは、難しいからこそ、成功させるには技術以上に気持ち、意欲が大事なんじゃないかな。これは盗塁だけじゃなくて、走塁でも同じことだから」

 あくまでも意欲。柴田さんは一瞬、天井を見上げ、グッと身を乗り出して言った。

「たとえば、ワンアウト、ランナー一塁。センター前、ライト前にヒットを打って、それで『三塁まで走って来い』ってコーチがいくら言っても、走者にその気がなければ走れない。でも、そこに打球が飛んだら三塁まで走る、っていう意欲が最初から走者にあって、準備さえしとけば、サードコーチャーなんか見なくたって行けるんだよ。

 で、昨日の試合、ワンアウトでホリンズが一塁にいて、二岡がセンター前に打った。センターが突っ込んできて後逸して、ホリンズがギリギリでホームに還ってきた。このとき、二岡はカットマンの動きを見て二塁で止まったけど、走る意欲があれば、三塁まで行けてるよ。足の状態が悪いのかもわかんないけど、バッターは打ったらもうバッターじゃないの。打った瞬間から走者なんだから」