2019.06.09

「矢野ガッツ」が阪神を変えた。
赤星憲広が考えるチームの好材料

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

 昨シーズンは最下位に沈んだ阪神が好調を維持している。6月9日時点で31勝27敗、首位広島と3ゲーム差の3位。2年ぶりのAクラス、さらにリーグ優勝へと視界は良好だ。

 矢野燿大新監督のもと、阪神はどのように生まれ変わったのか。現役時代、2001年から5年連続で盗塁王を獲得するなど、阪神の不動のリードオフマンとして活躍した赤星憲広氏に、古巣の現状について聞いた。

気持ちを前面に出してチームをけん引する矢野監督──ここまで好調な阪神のMVPを挙げるとしたら誰になりますか?

「ルーキーの近本(光司)しかいません。彼の存在なくして今の順位はなかったでしょう。彼がセンターのポジションを掴み取ったのはすごく大きいです」

──近年の阪神は、センターラインの弱さが課題とされていましたね。

「昨シーズン最下位になった一番の要因も、そこにあったと思います。若手が育っていなかったこともありますが、選手を固定できなかったことが問題で、セ・パ12球団の中でも厳しい印象がありました。それでも昨年は、捕手の梅野(隆太郎)が成長してゴールデングラブ賞を獲得するなど、明るい好材料もありましたけどね。今シーズンは打撃もいいですし、他の捕手との差がより大きく広がったように感じます」

──残るは二遊間ですが、まずショートに関してはいかがですか?

「近本と同じルーキーの木浪(聖也)が出てきて、ポジション争いが活性化しましたね。社会人時代に見た時には内野をどこでも守れる選手という印象で、それが強みでもあるんですが、『器用貧乏にならなければいいな』と思っていました。しかしオープン戦では両リーグ最多の22安打を放ち、実力で開幕スタメンを勝ち取ったのですから、すばらしいのひと言です。

 ただ、課題はたくさんあります。開幕してすぐスタメンを何試合か外されることもありましたが、今は8番打者で”使ってもらっている”状態。そこは近本と決定的に違います。守備でイージーなミスが目立ちますし、矢野監督も我慢して起用しているように見受けられます。しっかり守ることを当面の目標に、打率も2割5分くらいをキープできるようになるといいですね」