2018.12.27

元巨人・山口鉄也が語るプロ人生
「工藤公康さんとの出会いで変わった」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

―― 巨人といえば球界でも屈指の選手層を誇り、一軍の試合に出るのはおろか、育成から支配下になるのも簡単ではないと思います。

「僕なんてテストで獲る必要があったのかなと思っていましたから。とにかく巨人のイメージはスーパースターの集まりで、テレビで見ていた選手が目の前にいるわけですよ。そのなかで支配下になるのは簡単ではないなと。最初から圧倒されていましたね。結局、1年目は支配下になれなかったのですが、その理由を聞くと、支配下になるためには一軍の戦力にならないといけないということだったんです。それを聞いて、『そうだよな』って、妙に納得したんです。育成選手は二軍の試合には出られますので、そこで戦力になっても仕方がない。あくまで一軍で通用するかどうかが大事であって、もっと上を目指さないといけないなと思うようになりました」

―― 2年目に支配下登録されるわけですが、その要因として挙げられることは何だったと思いますか。

「小谷(正勝)コーチからは『左打者が嫌がる投手になりなさい』とずっと言われてきて、そこを目指してきました。それに、僕にとってなにより大きかったのが、1年目のオフに工藤公康さん(現・ソフトバンク監督)の自主トレに参加させてもらったことです。そこで野球に対する姿勢だったり、体のケアの仕方だったり、トレーニング方法だったり、すべて一から教えてもらいました。それ以降、体が強くなりましたし、ボールの力も今までとは比べものにならないほど変わってきました。そこで自信がついたのは間違いないですね」

―― 工藤さんの教えのなかで、最も印象に残っていることは何ですか。

「『すべてをピッチングにつなげろ』ということですね。たとえば、今まではウエイトをやるにしても、ただ重いものをガンガン上げていただけで、どこをどのように鍛えるというのまで考えたことはありませんでした。そうじゃなく、こういう球を投げたいのならどこを鍛えればいいのか。ランニングするにしても、ただ走るのではなく、股関節を意識して走ったり......すべてピッチングにどう生かすのかを考えながらやるようになりました」