2018.11.28

赤星憲広が阪神の弱点を指摘。
「投打を強化しても勝つことは難しい」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

赤星憲広が語る阪神の現状【後編】

前編はこちら>>

──前回は野手陣の話を中心に伺いましたが、投手陣についてはいかがでしょうか。

「昨年はリリーフ陣が頑張ったので、今年は先発の奮起に期待していましたが、最後まで苦しみました。11勝を挙げた(ランディ・)メッセンジャーは『よくやっている』としか言いようがありません。日米通算100勝に届かなかったのは残念でしたが、今年37歳になったベテランが毎年のようにローテーションを守り、2ケタ勝利を挙げているわけですからね」

矢野燿大新監督のもとで始動した阪神──課題は野手と同じく、若手の伸び悩みにあると。

「そうですね。若手の投手は、秋山(拓己)の不調を引きずる形になってしまいました。開幕当初は高橋(遥人)が活躍の兆しを見せたものの、思うように結果が伸びず、後半に藤浪(晋太郎)が少し奮起した程度。結果として、昨年よりもリリーフ陣の負担が大きくなってしまった。能見(篤史)を後ろに回す起用もありましたが、持ちこたえることができない試合が多くなってしまいました」

──今年は首位のカープも投手陣が苦しんでいたように感じますが。

「確かに、2ケタ勝ったのは大瀬良(大地)と(クリス・)ジョンソンのみ。昨年15勝を挙げた薮田(和樹)は2勝にとどまり、野村(祐輔)も岡田(明丈)もそんなに調子はよくなかった。リリーフ陣も、(ヘロニモ・)フランスアがいなければ苦しかったでしょうね。その状況で勝てるのは、守備と走塁が圧倒的に優れているからです。

 守備に関しては、センターラインがしっかりできていますよね。田中(広輔)と菊池(涼介)の二遊間、センターの丸(佳浩)はもちろん、會澤(翼)が捕手の核になったことも大きいと思います」

──対して、今年の阪神はセンターラインを固めることができませんでしたね。

「来年に向けてセンターラインを固めることが急務ですが、それだけの選手が揃っていないのが現状です。今年頑張ったセカンドの糸原(健斗)も、あくまで”第一候補”。ショートは北條(史也)と鳥谷(敬)が再挑戦すると言われていて、他の選手との競争は注目ですが、スタメンに固定される選手はすぐには出てこないでしょう。

 捕手は梅野(隆太郎)がある程度の結果を残しました。盗塁阻止率を上げてゴールデングラブ賞を獲得したことに満足せず、レベルを上げていってほしいです。そして、僕も現役時代に守っていたセンターは、打撃よりも守備を重視するべきだと思います。現時点では中谷(将大)もしくは島田(海吏)になるでしょうか。いずれにせよ、現在はレフトが福留(孝介)、ライトが糸井(嘉男)とベテランが守っていますから、守備範囲の広い選手が必要なんです」