2018.11.04

甲斐だけじゃない。「抑え捕手」
高谷ら、名脇役がホークスを救った

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 平成最後の日本シリーズは、パ・リーグ2位の福岡ソフトバンクホークスがセ・リーグ1位の広島東洋カープを4勝1敗1分で下し、2年連続9度目の日本一で幕を閉じた。

 結果的にソフトバンクの圧勝に終わったが、2度の延長戦が示すように両チームの実力は拮抗。どちらが勝っていても不思議でなかった。

広島を4勝1敗1分で下し、日本一連覇を達成したソフトバンク 今回の日本シリーズを振り返った時、ターニングポイントとなる場面はいくつかあるだろうが、第4戦初回の広島の攻撃もそのひとつだった。

 一死一塁で、打席にはこのシリーズ第3戦までわずか1安打の丸佳浩が入った。3ボールからソフトバンク先発の東浜巨(なお)の146キロのストレートを捉えると、打球は右中間を真っ二つ。一塁走者の菊池涼介は一気に本塁へ突入した。

 フェンスから跳ね返ったボールをセンターの柳田悠岐が捕球すると、すぐさまカットマンのセカンド明石健志へとつなぎ、捕手の甲斐拓也へワンバウンドのストライク送球。菊池を刺した。

 第3戦までの対戦成績は1勝1敗1分。シリーズの行方を左右しかねない重要な一戦での先制点を、紙一重のプレーで防いだ。東浜は「初回で不安があるなか、あのプレーで救われた。余裕を持って試合に入っていけた」と感謝した。

 このビッグプレーの陰には、カットに入った明石の冷静な判断があった。クッションボールを捕球した柳田は振り向きざまの送球となる。強肩の柳田とはいえ、その状況での送球はコントロールが難しい。打った瞬間から「ランナーが菊池だったので本塁を狙うことは頭にあった」と明石はいつもよりも距離を詰めてカットに入った。その読みどおり、柳田から強くて正確な送球がくると、迷うことなくワンバウンドで返球した。水上勉内野守備・走塁コーチは言う。

「もし柳田の送球が少しでも浮いたり、横に逸れていたりすると、アウトにはできなかった。明石がドンピシャの位置にカットに入ってくれた。あのプレーは本当に大きかった」