2018.10.24

【イップスの深層】森大輔が驚愕。
ありえないボールの握りをしていた

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Nikkan sports

連載第20回 イップスの深層~恐怖のイップスに抗い続けた男たち
証言者・森大輔(4)

前回の記事はこちら>>

自由獲得枠で横浜ベイスターズ入りを果たした森大輔だったが......「必ず獲るから。心配するな」

 2003年、横浜ベイスターズの高浦美佐緒(みさお)スカウトは、森大輔にそう断言した。

 森が三菱ふそう川崎に入社して3年目。指名解禁となったドラフト会議が迫るなか、森はあろうことかイップスを発症していた。

 腕を振るたびに恐怖感が湧き上がり、左ヒジが痛む。この恐怖と痛みは必ずセットで襲ってきた。高浦から心強い言葉を掛けられても、森の心は曇ったままだった。

「このままプロに入っていいのか?」

 当時、「自由獲得枠」というドラフト指名制度があった。大学生、社会人の有望選手が入団したい球団を逆指名できる制度のことだ。多くの球団が逸材を何とか囲い込もうと躍起になり、その結果、密約や裏金が飛び交う原因になった。

 後に横浜を含めた複数の球団がドラフト候補に金銭を不正に供与していたことが明るみに出て、逆指名制度はなくなった。森はまさに逆指名時代の渦中に放り込まれた選手だったのだ。

 松坂大輔のポスターを自室に貼り、孤独な特訓にも耐え、半ば無理やり社会人に進まされ、ようやく夢にまで見たプロへの扉が目の前にある。「入らない」という選択肢を選ぶことはできなかった。

「プロに入って変わればいいんだ。変われるんだ」

 そう自分に言い聞かせる。森は自由獲得枠で横浜に入団することを決めた。

 12月15日に開かれた新入団選手発表記者会見。背番号15のユニフォームに袖を通した森は、フォトセッションで「BE A HERO」と書かれたボードを掲げ、笑顔でフラッシュを浴びていた。「ヒーローになれ――」それは多くのベイスターズファンの願いだったに違いない。用意された色紙には「2ケタ勝利」と景気のいい目標をしたためた。

「色紙を書きながら、自分のことながら『何やってんだよ』と呆れていました。お前はまず、それ以前の問題だろう……って」

 プロ入りに向けて、年内は気持ちの整理と体のメンテナンスにあてた。そして年が明けて2004年1月、森は新人合同自主トレに臨んだ。