2018.08.13

セ・リーグの強打者もノリノリで感謝。
プロ野球を魅力的にする応援

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

新井貴浩・広島東洋カープ


今季は20年連続ホームランも放ったカープの新井──ご自身の応援歌についてどう思いますか?

「すべてが完璧です!」

──20年目のシーズンを送る新井選手ですが、初めて自分の応援歌を聞いたときのことを覚えていますか?

「記憶はあいまいですが、プロ入り2年目ぐらいに作ってもらえたんじゃないかと思います。もちろんうれしかったですよ。『認められた』というよりも、『期待に応える選手にならないといけない』と感じたことを鮮明に覚えています」

──カープ といえば、”スクワット応援” も名物になっていますね。

「プレー中に見ることができないのが残念です。でも、どんな場面で打席に立っても声援は聞こえています!」

──登場曲にスキマスイッチの『全力少年』をセレクトした理由は?

「一番の理由は、『積み上げたものぶっ壊して~ 』というところの歌詞ですね。この曲を選んだ2016年当時の自分の心境と重なるところがあったので」

──他球団の選手ので、好きな応援歌はありますか?

「ちょっと待ってください、思い出しますから・・・・・・。えーと・・・・・・あ、阪神のトリ(鳥谷敬)の応援歌ですかね。歌詞とリズムが本人のキャラクターにピッタリ合っていて、すごく完成度が高い応援歌だと思います。僕もトリの目の前で歌ったことがあるんですけど、完全に無視されてしまいました(笑)」

──バースデーソング応援についてはどう思いますか? 新井選手には縁がない(1月30日)応援ではありますが。

「そうですね。ファンの方たちが心を込めて歌ってくれているので、『さすがに初球は打たないよな?』と思いながら見守っていることが多いですね(笑)」

──高校野球のブラスバンド応援について思い出はあります?

「僕が広島工時代にしのぎを削った広陵に、同級生の二岡智宏(現・巨人打撃コーチ)がいて。あいつが打席に立つときの『ルパン三世のテーマ』は、敵ながらあっぱれという感じでした。悔しいぐらいにマッチしていたんですよ」

──最後に新井選手にとって、応援について何か一言ありましたらお願いします。

「年々、各球団のチャンステーマがレベルアップしているのを感じます。あれは、応援団の人たちが集まって作るんでしょうか?『うまいなぁ』と感心してしまうほど、本当に野球の醍醐味をわかっていますよね。観戦の際には、そういったところも楽しんでもらいたいです」

つづく

関連記事