2017.05.12

安定安心の頼れる男・DeNA
砂田毅樹を支える「ラミレス監督の言葉」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

「中継ぎになってから、先発のときとは異なり野球をこれまでとは違った目線で見られるようになりました。試合展開やチーム状況など細かい部分に対し、いろいろと考えられるようになったことがいい結果につながっていると思うんです」

 横浜DeNAベイスターズ砂田毅樹は、納得した面持ちでそう語った。

 現在リーグ4位(以下データは5月11日現在)であるものの、19年ぶりの優勝を目指すDeNAは春先からまずまずのスタート切った。

昨シーズン途中、先発からリリーフに転向したDeNAの砂田毅樹 今後戦っていくうえでチーム全体を見てもっとも懸念される点は、リーグ5位となる防御率3.78の投手陣だろう。なかでもリリーフ陣は、昨シーズンのチームを支えた田中健二朗、須田幸太、三上朋也がまだ昨年ほどの輝きを見せることができず、守護神の山﨑康晃も序盤戦の相次ぐ失敗で中継ぎに回った。山﨑に代わる新守護神であるスペンサー・パットンもしばしば不安定さを露呈している。

 しかし、そのなかにあって気を吐いているのが砂田である。ここまで17試合を投げ、防御率は1.32。昨年の前半戦では先発を務めていたが、8月から中継ぎへ転身し、適性を見せている。今シーズンは山﨑のクローザーから中継ぎへの配置転換の際、砂田はアレックス・ラミレス監督により三上とともに8回を投げる”勝ち継投”に組み込まれた。

 砂田は好調の要因のひとつとして、まず「フォームの安定」を挙げた。

「自分が思い描いているフォームで投げられていて状態はかなりいいですね。真っすぐと変化球がわからないように気を使って投げていますし、その感覚が合っているから思ったところに投げられる。とにかくリラックスをして腕を振ることを心がけています」