2017.01.01

ラミレス監督の宣言。「ベイスターズが
優勝する準備はできている」

  • 村瀬秀信●取材・文 text by Murase Hidenobu 寺崎江月●協力 cooperation by Terasaki Egetsu
  • 五十嵐和博●撮影 photo by Igarashi Kazuhiro

──今季はヘッドコーチの進藤さんがフロントに入り、二軍総合コーチだった青山道雄さんが一軍総合コーチに昇格。空いたポストに福原峰雄コーチが入閣した以外は、首脳陣の入れ替えはありませんが、コーチとの接し方、戦略の立て方は昨年と変えることはあるのですか?

ラミ コーチ陣とはよいコミュニケーションが取れていましたし、基本的には昨年の後半戦にやってきたことを今シーズンもそのまま続けていくことになると思います。進藤さんから青山さんに代わりますが、彼はとても優秀な人材ですのでシーズン中も助けてもらえると思っています。

新外国人選手、ルーキーにも期待を寄せる

──戦力の方では、昨年エースに指名した山口俊がFAで抜け、精神的支柱だった三浦大輔も引退しました。一方で、ドラフトで10人、新外国人選手が投手2人と野手1人、さらにヤクルトから田中浩康が入団するなどの新戦力が加わりましたが、これでシーズンを戦える戦力は十分に整ったとお考えですか?

ラミ YES、YES! まずはタナカですが、彼は僕も一緒にプレーをしていたからわかるのですが、チームに対し非常にポジティブなインパクトを与えてくれると信じています。ここ数年、出場機会は減っていましたが、12年にゴールデングラブを獲ったセカンド以外にも、内野、外野と様々なポジションを守れますし、代打としても昨年は出塁率3割7分を残しました。もちろんスタメンとしても、昨シーズンは固定できなかった2番打者として彼は典型的なバッターですから、本当に価値のある選手を獲得できたと思っています。