2016.12.30

レジェンド・黒田博樹がファンと
カープに残した「心に刺さる名言」

  • 前原淳●文 text by Maehara Jun
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

黒田博樹の1球、ひと言が広島投手陣に大きな影響を与えた

「いつ腕が飛んでもいいと思って投げている」

(復帰後の最速152キロを計測した1球を振り返って/2016年4月11日)

「さすがに2球続いたからね。チームの士気にも関わる。自分の体は自分で守らないといけない。戦う姿勢というのも見せたかった」

(同点の場面で迎えた打席でバントの構えをすると、阪神・藤浪晋太郎に2球続けて内角へ厳しい球を投じられ激昂/2015年4月25日)