2016.09.23

日本ハム・高梨裕稔「3年目の飛躍」を
ジョニー黒木は確信していた

  • 高松正人●文 text by Takamatsu Masato
  • photo by Kyodo News

 黒木知宏投手コーチは、昨年秋のキャンプの時点で今季のローテーション入りを確信したという。

「もともと投げるボールは素晴らしかったですし、二軍から順調に成長しているという報告を受けていました。それを確かめられたのが、昨年の秋のキャンプでした。僕たちコーチもブルペンで投手の球を受けることがあるのですが、『これは来年やってもらわないと困る』というボールを投げていた。高梨のボールは、本当に打ちづらいと思います。ただ捕るだけでも差し込まれる感じがしますから」

 黒木コーチによれば、高梨のストレートは「ふたつの意味で打ちづらさがある」という。

「まず、投球フォーム。ゆったりとした足の上げ方は、打者にとって『速い真っすぐは来ない』と錯覚させてしまいます。そして腕の振りです。高梨は真っすぐも変化球もまったく一緒。しかもトップの位置から振り下ろすまで、腕が体に隠れている。打者にしてみれば、見えないところから突然ボールが来る感覚になります。これらの特長は、もともと彼が持っていたもの。二軍ではその特長を消さないように、体を鍛えつつ経験を積んでもらいました」

 ファームで挫折を味わい、メンタルと体を鍛えて臨んだ3年目のシーズンで急成長を遂げた高梨は言う。

「前半戦でリリーフを経験させてもらったことが大きかった。接戦の勝負どころで相手の中軸を抑えるためにマウンドに行って、流れをチームに引き寄せるという仕事はリリーフでないと感じられません。これは先発として、試合の流れをコントロールする上でとても大事なことでした」