2016.04.06

「大谷翔平はチャップマン級だ!」。ライバルが語る、今季の二刀流

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 二刀流プレーヤー・大谷翔平日本ハム)の4年目のシーズンが始まった。プロ2年目の2014年には日本プロ野球史上初となる2ケタ勝利&2ケタ本塁打を記録し、昨年は15勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得した。今シーズンはここまで2試合に登板して0勝1敗と勝ち星こそないが、13イニングを投げ15奪三振、防御率2.08と順調な滑り出しを見せた。

昨年15勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得した大谷翔平

 まずは、キャッチャーの大野奨太に、ルーキーイヤーから今日までの大谷の成長について話してもらった。

「自分をコントロールすることがうまくなりました。もともと、いいボールを投げる能力は高かったのですが、コントロールが下手くそというか、苦手としている部分がありました。コントロールとは、気持ちや体、イニング間のコントロールのことで、経験していくなかで徐々に理解できるようになってきたと思います。それからですね、投手としてよくなってきたと思うのは。たとえば、イニング間のコントロールで考えると『ここで気持ちを入れよう』と、状況に応じて自分でギアを入れられるようになってきた。とはいえ、まだ気持ちの抜き方という面では、抜きすぎていると感じるときもありますけど......」

 大谷の今シーズン初登板はロッテとの開幕戦だったが、初回に3安打を集中され3失点。その後は7回まで無失点に抑えるも、敗戦投手となってしまった。ロッテの鈴木大地に大谷の印象について聞くと、「今では、日本で一番の投手じゃないですかね」と言った。

「魅力はあの真っすぐなんですけど、入団した頃はちょっと荒削りで、まだ高校生の部分がありました。ただ、速いだけならそれに合わせればいいだけのことなので。それが、クイックや変化球、コントロールとすべてにおいて精度が高くなってきました。対応するのが難しくなっています」