2016.02.05

脇谷亮太が語る巨人復帰。由伸監督への思いと「ひちょり精神」

  • 寺崎敦●文 text by Atsushi Terasaki
  • photo by Kyodo News

──ジャイアンツの旧友たちの再会では、誰と最初に会いましたか?

 勇人(坂本)ですね。たまたま僕が西武の選手たちと送別会的な食事をしていたとき、その中のメンバーのひとりから「勇人が近くにいるようです」という情報が入って、「じゃあ合流しましょう」って(笑)。勇人は、チームのキャプテンとして去年は少し遠慮があったようなんですが、今季は先輩たちにも遠慮なくどんどん言っていきますと話していました。

──送別会の話が出ましたが、脇谷選手はこの2年間、パ・リーグを経験することで大きく成長した印象です。セとパの野球で感じた一番の違いを教えてください。

 パ・リーグはDHがあるので、セ・リーグとは選手の起用法が大きく違いますね。ベンチの選手全員が試合に出るということは少なかったです。僕の場合、最初は守備固めから起用されたんですけど、最初の頃は試合に出られるのかなと不安でした。でも実際はたくさん使ってもらえましたし、僕にとってはこの2年間はプラスになったと思います。ただ、パ・リーグにはパワー型の投手が多かったので、対応が大変でしたね。

──実際に対戦してみて、投手では誰がすごかったですか?

 日本ハムの大谷(翔平)とオリックスの金子(千尋)ですね。金子投手はすごかったです! 多彩な球種があって、そのすべてで三振が取れるから、やっかいでしたよ。自分の中でしっかり整理しておかないと勝負にならなかったです。大谷投手のストレートも、やはり対応に苦労しました。