2015.12.20

【根本陸夫伝】
日本シリーズのたびに自腹で300万円分のチケットを買った男

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki
  • photo by Kyodo News

根本陸夫伝~証言で綴る「球界の革命児」の真実
連載第59回

証言者・大田卓司(6)

 1995年のシーズンオフ。ダイエー(現・ソフトバンク)の打撃コーチを退任した大田卓司は、球団に残ってスカウトになった。球団専務の根本陸夫に命令され、半ば脅されたような形での転身。そのくせ、辣腕スカウトでもあった根本から、仕事の手ほどきを受けることはなかった。大田が当時を振り返る。

現在は野球教室を中心に少年たちの指導を行なっている大田卓司

スカウトだからといって野球だけを見る必要はない

「根本さん、なんにも教えてくれない代わりに、おかしなこと言い出すんだ。『タクな、ママさんバレーとかあるだろ? ソフトボールとか、河川敷でやっとる子どもの野球あるだろ? そういうのを見るところから入っていいんだよ』って。このオッサン、なに言ってんのかなって思いましたよ(笑)。プロ野球の世界にずっといた人間が『なんでママさんバレー見にいかないといかんの?』って」

 野球以外にも視野を広げろ、という意味で根本が助言したのは大田にもわかっていた。それにしても「ママさんバレー」は行く気にもなれず、少年野球だけを見に行った。ちょうどその頃、球団代表の瀬戸山隆三(現・オリックス球団本部長)から自宅に電話がかかってきた。

「瀬戸山さんがね、『コーチの時より給料下がりますからね』って言う。『わかってますよ。それはしょうがないことですから』と言ったら、『じゃあ、ちょっと奥さんに替わってもらえますか?』って。嫁さんと年俸の交渉始めたんだけど、やり方が根本さんと同じ。なんでかというと、瀬戸山さんは根本さんの教え子みたいなもんだから」